世界遺産の歴史

Pocket

■世界遺産って何?
 世界遺産とは何か?
 世界遺産が生まれるきっかけとなったのは、第二次世界大戦後のことです。
 1954年、ハーグ条約が締結されると、たとえ紛争中であっても、文化財を守るべきだ、ということが決められました。
 そして、1960年。エジプトで、政府がアスワン・ハイ・ダムを、ナイル川流域に建設しようとしました。ところが、このダムの建設によって、流域にあるヌビア遺跡が水没する可能性が出てきました。
 このことを重く見たユネスコは、ヌビア世界遺産救済キャンペーンを開始し、世界の、60か国以上からの支援が実現。技術的な支援や、考古学的な学術支援が行われ、ヌビア遺跡の中にある、アブ・シンベル遺跡を、別の場所に移すことができました。
 このことから、国際的な組織を構築し、その組織を軸とした保護・保全活動を行うことによって、世界的な文化遺産、自然遺産を、開発などから守ろうという流れが生まれました。
 そして、1965年には、文化財の保護に関連した、国際記念物遺跡会議が発足しました。
 さらに、アメリカでも、1965年に「世界遺産トラスト」が、ホワイトハウス国際協力協議会自然資源委員会によって提唱され、大切な自然を守るためには、国際的な枠組みが必要で、それを模索していこう、ということが提案されました。
 アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンも、アメリカで国立公園が生まれてから100周年の1972年までにこの運動を具体的に進めていく事を、1971年に打出しました。
 この、国連での動きと、アメリカでの動きを受け、1972年の国連人間環境会議で、世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約(世界遺産条約)が、満場一致で成立しました。
 このようにして生まれた世界遺産。第1番目の批准国はアメリカでしたが、その後批准国は増え、現在では、192か国が参加し、日本も125番目(124番目)に参加しています。